FC2カウンター


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


最新記事


カテゴリ


プロフィール

purinperan

Author:purinperan


DATE: CATEGORY:未分類



北村晴男弁護士が池上彰氏に反論 ドイツの戦後対応に違和感

>>>
25日放送の「池上彰のニュースそうだったのか!!」(テレビ朝日系)で、北村晴男弁護士が、ドイツの戦後対応に持論を展開する場面があった。

番組では、今年戦後70年を迎えることから、戦争や日本の戦後の歩みについて特集。また、日本と同じ敗戦国であるドイツの戦後対応についても取り上げた。日本は中国や韓国と歴史問題で微妙な関係が続いているのに対し、ドイツは今やEUの盟主であり、周辺国との関係も良好という。

池上氏は、ドイツが9カ国に囲まれ周辺国と信頼関係を築かなければならないという「地理的な要素」や、政治家が今もナチス時代が間違いだったと言及するなど、「忘れないけど許そう」という国際世論を築いてきたと説明した。

すると、北村氏は「非常に巧みなのは、『ドイツがやったのではなく、ナチスドイツがやったのだ』という持って行き方をしているのは間違いない」と指摘。さらに、「そこは非常にうまい。でもそうしないと生きていけない」とも述べ、ドイツはナチスに罪を押しつけたのではないかとの見方を示したのだ。

これを受けて、池上氏は「戦後すぐは『ナチスが悪かった。われわれは悪くなかった』と言っていた」と北村氏の意見に同意した。だが、最近はナチスを選んだのはドイツの国民であり、ナチスを選んだ国民にも責任があるとの意見が出ていると解説した。

番組は、その例として、今年4月にナチス親衛隊に所属していた93歳の男が裁判にかけられたことを紹介し、ドイツでは今でも戦争裁判が続いていることを伝えていた。

>>>
番組見てましたが、 東京裁判を「事後法で問題外」「裁判でない」 と法律家の意見は良かった
A-B-C 級戦犯 の区分は戦犯の上下を 示したものでないと納得 ただの区分
「どうして原爆投下を 裁かないのか?」との意見に同意
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 日々嘔吐 all rights reserved.Powered by FC2ブログ