FC2カウンター


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


最新記事


カテゴリ


プロフィール

purinperan

Author:purinperan


DATE: CATEGORY:未分類
多数決って本当に民主的? 問い直す漫画や評論相次ぐ [朝日新聞]
>>>

1 :極限紳士 ★:2015/07/17(金) 07:50:06.52 ID:???*
「多数決」は民主的な決め方とされてきたが、その問題点をとらえ直そうとする漫画や評論の刊行が相次いでいる。
折しも、安全保障関連法案は週内にも衆議院で採決される公算大だ。
異なる意見を取り入れながら物事を決めるにはどうしたらいいのか。

 「主人公」は人間そっくりの女性アンドロイド。体にはカメラが埋め込まれ、
オンライン中継されている。彼女の行動は、ネット上に集まった人たちの「多数決」が決めていく。

 雑誌「ビッグコミックスピリッツ」の漫画「デモクラティア」の設定だ。彼女を製作した技術者は言う。
「動かしているのは、ネットを介して集められた“人類の英知”そのもの…だとすると…それは人間よりも人間的に正しい」

 作品が生まれたきっかけは、ネット世論が旧体制の崩壊につながった「アラブの春」だった。
縁もゆかりもない数の力が世界を変えた。それを目の当たりにし、作者の間瀬元朗さんは「多数決」の問題を考えるようになったという。

 作中、多数決への不安がにじむ場面がある。ネット世論の決めたアンドロイドの行動が、
人の死の遠因になってしまうのだ。「集団の熱狂は簡単に一線を越える。多数決が正しいと言い切っていいのか、という考えを投影しました」

 多数決こそ民主的な仕組みと考える人は多い。「選ばれた私の言うことが民意」と言う橋下徹・大阪市長はその典型例だろう。

 慶応大学の坂井豊貴教授(社会的選択論)は、多数決の結果ばかりが重視される状況に危機感を募らせ、
『多数決を疑う』(岩波新書)を4月に刊行した。「無邪気に多数決をありがたがるのは、
ただの多数決主義。『私たち』をどうにか尊重しようとする民主主義とは違う」

 そもそも「民意」は選び方次第で変わる。

 例えば有権者21人がA、B、Cの政策のどれかに投票するとする。結果はA8票、B7票、C6票。多数決ならAが集団を代表する意見になる。

 だが、Aに投票しなかった全員が「Aだけは嫌だ」と考えていたとする。Aの否定派が13人と過半数なのに、採用されるのはAだ。
全員から2番目に支持されても、1票にもならない。「だから多数決で勝つためには、万人に配慮してはいけない。誰かをたたいて対立構図を作った方がいい」


<<<

それを言ってはおしまい
朝日ももっと別の意見をのせたら?


つるの剛士、“安保法案”報道に苦言…「『反対反対』ばかりで『賛成』の意見や声も聞きたい」

>>>
1 :三毛猫 φ ★@転載は禁止:2015/07/17(金) 01:00:37.49 ID:???*
歌手でタレントのつるの剛士が15日に更新したツイッターで、
「『反対反対』ばかりで『賛成』の意見や声も聞きたいなぁ」などと、
戦争の賛否に関する報道のあり方ついて自らの見解を綴った。

すると、ネット上では「賛成する声はなかなか報道してくれない」「ごもっともだと思います」
などと同調する声とともに、「あたしは絶対に嫌だから反対なんです」などと
強く反論する声も挙がり、賛否両論が渦巻いている。

つるのは心の声を語るようにカッコ書きでツイッターを更新。
「『反対反対』ばかりで『賛成』の意見や声も聞きたいなぁって報道やニュース観ていていつも思う」と自らの見解を綴った。

そして、「賛成派だって反対派だって平和への想い、戦争反対の想いは同じ」とし、
「大切なコトたからこそ若い子達だって感情的、短絡的な意見にならないために
色んなこと公平に一緒に考えたいよね」と持論を綴った。

15日には、衆議院平和安全法制特別委員会が可決した安全保障関連法案に対して、
多くの反対派が国会議事堂前で抗議集会を開いたことが報道されている。
つるのは、それを踏まえて自らの思うところを綴ったとみられ、戦争の賛成反対の議論に関して、
様々な角度から冷静に語り合う必要性があるとの見解を示した格好だ。

この発言にファンは続々とリツイート。
「賛成する声はなかなか報道してくれない」「ごもっともだと思います」
「なんでも反対すればいいって、考える人がいるんだろうね」などと、つるのの見解に同調する声を挙げた。

ところが、反論する投稿も続々。「子供が戦争に取られてもオッケー、っていうのと同じですよ」
「あたしは絶対に嫌だから反対なんです」「若いから感情的になる、ってのは違うんじゃないですか?」
「止めるための手段として理性的に声をあげてます」などと、戦争反対派と思われるネットユーザーが
つるののツイッターへ向けて投稿し、ネット上で波紋を広げた。

つるのはその後、「沢山の貴重なコメントありがとうございます 自分の頭で考えられるように馬鹿なりに
沢山勉強をします! ありがとうございます!」などと綴って、届けられた様々な意見に感謝の気持ちをコメントしている。

この一連のやりとりを見守ったファンからは「つるの剛士悪くないだろ!」
「至極真っ当なのに何故こんなに叩かれるのかw」「なかなか骨のある人だ」などと、
つるのを擁護するコメントが多く寄せられている。

<<<
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 日々嘔吐 all rights reserved.Powered by FC2ブログ